台風8号、対馬海峡北上=9号、8日に先島諸島接近-10号発生、小笠原近海へ

社会

台風8号は6日、宮崎市付近に午前5時ごろ上陸して九州を縦断し、午後は対馬海峡を北上した。気象庁によると、7日未明までに朝鮮半島に上陸し、8日午後には日本海北部で温帯低気圧に変わる見込み。

気象庁は、西日本では7日朝にかけて激しい雨が降る恐れがあるとして、警戒するよう呼び掛けた。7日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国120ミリ、九州北部100ミリ。

大分県九重町では6日午前、経営する養魚場の様子を見に行った男性(56)が近くの川で倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。

8号は6日午後9時、長崎県対馬市の北約100キロを時速20キロで北へ進んだ。中心気圧は998ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。半径170キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

一方、大型の台風9号は6日午後9時、フィリピンの東海上を時速10キロで西北西へ進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は30メートル。8日から9日にかけ、非常に強い勢力で沖縄県・先島諸島や台湾に接近するとみられ、沖縄では高波に警戒し、大雨や強風に注意する必要がある。

マリアナ諸島近海では6日午後3時、大型の台風10号が発生した。午後9時の中心気圧は996ヘクトパスカル、最大風速は20メートル。今後発達しながら北上し、10日から11日に小笠原諸島に接近して大荒れとなる恐れがある。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象