岩屋防衛相「有志連合は総合判断」=米国防長官への回答留保-安倍首相も初会談

政治・外交

岩屋毅防衛相は7日午前、エスパー米国防長官と防衛省で初めて会談した。エスパー氏は、中東ホルムズ海峡での船舶の安全確保を目的に米国が提唱している「有志連合」構想について説明。岩屋氏は「さまざまな角度から検討し、総合的に判断したい」と伝え、明確な回答を留保した。

両氏は日米の防衛協力推進で一致。北朝鮮に対しては、国連安全保障理事会決議の完全履行を確保することを確認した。

これに先立ち、安倍晋三首相も首相官邸でエスパー氏と初会談。エスパー氏は、短距離弾道ミサイルなど飛翔(ひしょう)体発射を繰り返す北朝鮮について「依然として大きな懸念事項だ」と指摘。非核化や日本人拉致問題を含め、日米で緊密に連携して対処する方針を確認した。

初会談に臨む安倍晋三首相(右)とエスパー米国防長官=7日午前、首相官邸初会談に臨む安倍晋三首相(右)とエスパー米国防長官=7日午前、首相官邸

会談に臨む岩屋毅防衛相(右)とエスパー米国防長官=7日午前、防衛省会談に臨む岩屋毅防衛相(右)とエスパー米国防長官=7日午前、防衛省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 北朝鮮 米国