「被爆十字架」米国から返還=旧浦上天主堂で米兵発見-長崎

社会

長崎市のカトリック教会浦上天主堂で7日、74年前の原爆で倒壊した旧天主堂で進駐した米兵が発見し、米国に渡った「被爆十字架」の返還式が行われた。所蔵する米国の研究機関の関係者が来日し、高見三明長崎大司教らに手渡した。

十字架は木製で高さ約1メートル、幅約30センチ。金色で縁取られており、所々塗装が剥がれ、傷が付いている。

1945年の秋ごろ、元米兵のウォルター・フック氏=2010年に97歳で死去=が、旧浦上天主堂のがれきの中から発見し、当時親交のあった日本人の長崎司教から譲り受けたという。

フック氏は、82年に米国オハイオ州のウィルミントン大平和資料センターに十字架を寄贈。広島や長崎の被爆資料と共に展示されてきた。来日したターニャ・マウス所長は「この十字架は、戦争の残虐さや戦争がもたらす苦難を体現している」と話した。

十字架を受け取った高見大司教は「原爆の残忍さや愚かさを、私たちに強く訴えていると感じる。原爆の揺るがない証人だ」と強調した。十字架は9日夜、浦上天主堂の平和祈願ミサで信徒に披露される。

米国のウィルミントン大平和資料センターのターニャ・マウス所長(右)から、「被爆十字架」を受け取る高見三明カトリック長崎大司教(中央)ら=7日午後、長崎市米国のウィルミントン大平和資料センターのターニャ・マウス所長(右)から、「被爆十字架」を受け取る高見三明カトリック長崎大司教(中央)ら=7日午後、長崎市

米国からカトリック教会浦上天主堂に返還された「被爆十字架」=7日午後、長崎市米国からカトリック教会浦上天主堂に返還された「被爆十字架」=7日午後、長崎市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 九州 長崎市 米国