脅迫ファクスで男逮捕=少女像めぐり業務妨害容疑-愛知県警

社会

愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、従軍慰安婦を象徴する少女像の撤去を求める脅迫ファクスが送られた事件で、県警は7日、威力業務妨害容疑で同県稲沢市稲沢町の会社員堀田修司容疑者(59)を逮捕した。容疑を認めているといい、県警は動機などを調べる。

逮捕容疑は2日、同県西部のコンビニエンスストアから、名古屋市東区の愛知芸術文化センターに「要らねえだろ史実でもねえ人形展示。大至急撤去しろや。さもなくば、ガソリン携行缶持って館へおじゃますんで~」などと記した文書をファクス送信し、展示の一部を中止させるなどした疑い。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 東海 名古屋市