吉本興業にエージェント契約など提言=経営アドバイザリー委が初会合

経済・ビジネス 社会 文化

所属芸人が反社会的勢力の会合に参加した問題で、吉本興業が設置した経営アドバイザリー委員会(座長・川上和久国際医療福祉大教授)の初会合が8日開かれ、同社に米大リーグなどで採用されているエージェント契約の導入などを提言した。

吉本興業は現在、所属タレントとの間でコンプライアンス順守などを内容とする「共同確認書」の締結を進めている。川上座長によると、同書面で所属関係を明らかにした上で、営業活動やスケジュール管理を含めた「マネジメント契約」と、タレントが比較的自由に活動できる「エージェント契約」を用意し、実情に応じて書面で締結することなどを提言した。

吉本興業の第1回経営アドバイザリー委員会後、記者会見する座長の川上和久国際医療福祉大教授=8日午後、東京都新宿区吉本興業の第1回経営アドバイザリー委員会後、記者会見する座長の川上和久国際医療福祉大教授=8日午後、東京都新宿区

第1回経営アドバイザリー委員会に臨む吉本興業の岡本昭彦社長(右から3人目)ら=8日午後、東京都新宿区第1回経営アドバイザリー委員会に臨む吉本興業の岡本昭彦社長(右から3人目)ら=8日午後、東京都新宿区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 芸能 文化 社会一般