自殺職員、労災認定=森友改ざんで近畿財務局

政治・外交

学校法人「森友学園」をめぐる財務省の決裁文書改ざん問題で、学園との交渉担当部署に所属していた職員の自殺について、民間企業の労災に当たる「公務災害」だったと近畿財務局が認定していたことが8日、分かった。政府関係者によると、認定は昨年冬。当時の職務内容と自殺の間に因果関係があったと判断したとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 労働・雇用行政