「核廃絶に力貸して」=各国に英語で呼び掛け-被爆者代表山脇さん・長崎原爆忌

社会

「核保有国に『核兵器を無くそう』と働き掛けてください」。長崎市の平和祈念式典で、被爆者を代表して「平和への誓い」を読み上げた山脇佳朗さん(85)は、安倍晋三首相を前に訴えた。英語でも被爆体験を伝える山脇さんは、参加国の代表者にも「核廃絶に力を貸してください」と英語で呼び掛けた。

山脇さんは11歳の時に爆心地から約2キロの自宅で被爆した。疎開していた家族は難を逃れ、長崎に残った兄弟も無事だったが、爆心地近くにいた父親は爆死。兄弟で木片を集め、父親の遺体を火葬した。

焼かれる姿は見るに堪えず、翌日、遺骨を拾いに行った。しかし、遺体は一部しか焼けず、「頭の骨だけでも拾って帰ろう」と兄が火箸で触れた途端、骨が崩れ脳が流れ出た。恐怖のあまりそのまま逃げ帰った。「父の遺体を見捨てた」と後悔の念は今も消えない。

「家族を亡くした人々は、同じように無残な体験をしなければならなかった」と声を振り絞った。辛うじて生き残っても、「熱線による傷や放射能の後遺症に悩まされながら生きていかなければならなかった」。山脇さんや兄弟も、がんなどの病気にさいなまれた。

核廃絶の道筋はいまだ見えない。核兵器禁止条約に署名しないなど、日本政府の姿勢は「米国追従」と映る。「核兵器廃絶の毅然(きぜん)とした態度を示して」と安倍首相に迫った。「戦争や核兵器もない世界を実現する指導的な役割を果たせる国になってほしい」と切実な願いを誓いに込めた。

独学した英語で外国人に被爆体験を講話するとき、「これだけは頭に刻んでほしい」といつも最後に使う英文を、参列した各国の代表者らにも投げ掛けた。「長崎を最後の被爆地とするために力を貸してください」。誓いを聞いた人々が、核廃絶に向けて動くことを期待し、言葉に力を込めた。

平和祈念式典で「平和への誓い」を述べる被爆者代表の山脇佳朗さん=9日午前、長崎市松山町の平和公園平和祈念式典で「平和への誓い」を述べる被爆者代表の山脇佳朗さん=9日午前、長崎市松山町の平和公園

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 九州 長崎市