「繰り返してはならない」=平和宣言で詩が引用、山口さん-長崎原爆忌

社会

原爆投下から74年を迎えた9日の平和祈念式典で、長崎市長が読む平和宣言に今回初めて、被爆者が書いた詩の一部が引用された。作者は原爆で家族全員を失った長崎県長与町の山口カズ子さん(91)。原爆がもたらした惨状をつづり、「繰り返してはならない」と訴えている。

父を早くに亡くし、母と2人の妹と暮らしていた山口さんは74年前、爆心地から約1キロの兵器工場で被爆した。「目の前をピカッと白い閃光(せんこう)が走ったと思った瞬間、何も分からなくなった」。気が付くと崩れた天井板などの下敷きになっていた。

外へ逃れると、周囲の光景は変わり果て、「地獄のような世界」に。山口さんは顔や両腕に大やけどを負ったが、九死に一生を得た。しかし、母と2人の妹は亡くなったと知らされ、深い悲しみの中、「一人で生きていかなければ」と17歳の自分に言い聞かせた。

仕事を探し必死に働き、結婚後は夫の事業を支え、無我夢中で戦後を生きた。生活が落ち着いてきた1979年ごろ、原爆をテーマにした詩の募集が目に留まった。「それまで語るまい、思い出したくないと思っていたが、(原爆を)振り返らずにはいかなかった」と語る。

ふと空を見上げ、「きょうは平和で良かったな」と感じた気持ちを書き出すと、せきを切ったように言葉が続いた。「母や妹、原爆の火で焼かれた多くの人たちが、私に語りかけ、書かせてくれた」と今でも思っている。

最近の国際情勢をニュースで見聞きすると、「戦争の気配を感じる」と危惧する。詩の引用が「原爆の悲惨さ、戦争の愚かさを考える機会になればありがたい」と山口さん。「自分や家族に原爆が降りかかったらと自分事として真剣に考えてほしい」と訴えた。

平和祈念式典に参列する、長崎平和宣言で引用された詩を書いた被爆者の山口カズ子さん=9日午前、長崎市平和祈念式典に参列する、長崎平和宣言で引用された詩を書いた被爆者の山口カズ子さん=9日午前、長崎市

長崎平和宣言に引用された詩の作者で、被爆者の山口カズ子さん=7月29日午後、長崎市長崎平和宣言に引用された詩の作者で、被爆者の山口カズ子さん=7月29日午後、長崎市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 九州 長崎市