上皇后さま、早期の乳がん=来月にも手術へ-宮内庁

社会

宮内庁は9日、上皇后さま(84)が比較的早期の乳がんと診断され、来月にも手術を受けられることになったと発表した。同庁は「転移はない可能性が高いと考えている」としている。

同庁によると、上皇后さまは7月12日、定期的な健康診断で乳腺のエコー検査を受けた際、左胸の乳腺に腫瘤(しゅりゅう)が見つかった。同15日に東大病院(東京都文京区)で磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受けたところ、悪性が疑われたため、今月2日に皇居内の宮内庁病院で「針生検」による組織検査を行い、乳がんと診断された。

診断結果は9日、上皇ご夫妻に対し医師から告知された。ご夫妻は冷静に受け止めていたという。

上皇后さま(宮内庁提供)上皇后さま(宮内庁提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室