4~6月期の企業減益、3四半期連続=米中摩擦が影、SMBC日興まとめ

経済・ビジネス

上場企業の2019年4~6月期決算が9日、ほぼ出そろった。SMBC日興証券のまとめによると、連結純利益(金融を除く)は前年同期比0.9%減と3四半期連続のマイナス。激しさを増す米中貿易摩擦が影を落とし、製造業が大きく落ち込んだ。

SMBC日興証券は、3月期決算企業が8日までに公表した数値を集計した(全体の82.8%)。このうち製造業は28.4%の大幅減、非製造業は電気・ガスなどが伸び35.6%増だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想