デルタ、成田から撤退へ=日米路線、羽田に集約

経済・ビジネス

【ニューヨーク時事】米デルタ航空は9日、アジアでの拠点と位置付けてきた成田空港から撤退し、羽田空港に日米路線を集約すると発表した。都心に近い羽田の活用が顧客の利便性向上につながると判断した。

デルタは来年3月、アトランタやシアトルなど米5都市を結ぶ成田路線を全て羽田に移す。運航中のミネアポリス線、ロサンゼルス線と合わせ、羽田で米航空会社として最大の日米7路線を持つことになる。

また、今年9月に成田-シンガポール線、来年3月に成田-マニラ線を廃止し、成田発着便を完全になくす。アジア路線については、韓国・仁川空港を拠点とする提携先の大韓航空のネットワークを活用する方針。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 米国