観賞用メダカが人気=赤い「楊貴妃」、金魚を逆転?

社会 文化

観賞用のメダカの人気が高まっている。品種改良により、赤みがかった魚体の「楊貴妃」やラメが入ったような華やかなメダカが次々登場。インターネット上でも取引され、流通量は右肩上がり。夏の風物詩である金魚を上回ったとの声もある。

栃木県なかがわ水遊園(大田原市)は、夏の企画展として9月1日までメダカ100種類を展示している。同園によると、15年ほど前に楊貴妃が注目を集め、ブームに火が付いた。個人による品種改良が相次ぎ、現在は550種類を超えたとされる。

飼育が容易なのも人気の理由だ。企画展を訪れた宇都宮市の男性(62)は「勝手に繁殖するので夏場には100匹以上に増える」と話していた。

色鮮やかなだけでなく、尾ひれが長く優雅な姿の品種も現れている。東京都内の観賞魚の卸売業者は、メダカの販売額は月300万~400万円に達し「今年初めて金魚を追い抜いた」と明かす。以前、目や魚体の一部がぎらぎらと光を反射するメダカに1匹100万円の値段が付いたこともあったという。

一方、金魚は需要減少が続き、産地の愛知県弥富市では生産者が頭を悩ませている。弥富金魚漁業協同組合の伊藤恵造組合長は「需要期の夏場に仕入れ価格は普段の3倍に上昇するが、販売価格に転嫁できない」とこぼす。値上がりが客離れを招き、最近は夏祭りで金魚すくいをやめる例も増えているようだ。

メダカの「楊貴妃」(写真上)と「三色ラメ」(栃木県なかがわ水遊園提供)メダカの「楊貴妃」(写真上)と「三色ラメ」(栃木県なかがわ水遊園提供)

色鮮やかなメダカに見入る子ども=7月21日、栃木県大田原市色鮮やかなメダカに見入る子ども=7月21日、栃木県大田原市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 趣味・娯楽 文化