甲子園で京アニ応援曲=選手やファンにエール-立命館宇治高

スポーツ 社会 暮らし

立命館宇治高校(京都府宇治市)の吹奏楽部は13日、全国高校野球選手権大会2回戦で、放火殺人事件で35人の犠牲者を出した京都アニメーション(本社同市)の人気アニメ「響け!ユーフォニアム」の主題歌「DREAM SOLISTER」を演奏した。アップテンポの明るいリズムに、選手だけでなく、同社やファンの傷ついた心を応援する思いを込めた。

星稜(石川)との試合は午前10時40分ごろ始まった。立命館宇治高の応援団が詰め掛けた甲子園球場(兵庫県西宮市)三塁側スタンドの一角には、系列の立命館宇治中学も含めた吹奏楽部員約80人が陣取り、複数の応援曲を奏でた。

この日、5回まで無得点に抑えられていた同高だったが、主題歌を演奏した6回裏には、3点を返す場面もあった。

同高の吹奏楽部は7月下旬、「京アニの曲を応援曲に入れて」という地元住民の要望に賛同。宇治市内の架空の高校を舞台に、吹奏楽部員の青春を描いた「響け!」の主題歌を選んで練習に励み、この日の試合に間に合わせた。

指揮者を務めた3年の女子生徒(17)は「京アニのイベントに参加したことがあり、感謝の気持ちで応援する」と力を込めた。

スタンドで演奏する立命館宇治高の吹奏楽部員ら=13日午前、兵庫県西宮市の甲子園球場スタンドで演奏する立命館宇治高の吹奏楽部員ら=13日午前、兵庫県西宮市の甲子園球場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 高校野球 教育 暮らし