強い勢力で接近、上陸へ=超大型台風10号、四国か九州に-気象庁「早めの避難を」

社会

超大型の台風10号は13日夜、西日本の南方海上を北上した。14日から強い勢力で西日本に接近し、15日に四国か九州に上陸する見込み。動きが遅く、影響が長引くとみられ、気象庁は西日本を中心に大雨や暴風、高波、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

10号は上陸後に西日本を縦断し、16日には日本海を北上する見通し。四国では、総雨量が多い所で1000ミリを超える恐れがあるなど、大雨が長く続いて土砂災害や河川の氾濫が起きる恐れがある。西日本沿岸では高潮による浸水にも警戒が必要。交通の乱れも予想される。

気象庁の黒良龍太主任予報官は記者会見し、「風雨が強まってからの避難は困難。市町村の勧告などに従い、早め早めの避難、安全確保をお願いする」と述べた。

10号は13日午後9時、鹿児島県・種子島の南東約420キロの海上を時速15キロで北西へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速30メートル、最大瞬間風速40メートル。半径280キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、南側1100キロ以内と北側600キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

14日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海300ミリ、近畿と四国、九州250ミリ、沖縄150ミリ、奄美120ミリ。その後、15日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国800~1000ミリ、東海と近畿400~600ミリ、九州北部300~400ミリ、中国と九州南部200~300ミリ、関東甲信100~150ミリ、伊豆諸島と奄美50~100ミリ。

14日にかけて予想される最大瞬間風速は、九州南部45メートル、四国40メートル、九州北部と奄美、沖縄35メートル、近畿と中国30メートル、東海25メートル。波の高さは四国10メートル、東海と近畿、九州8メートル、奄美7メートル、伊豆・小笠原諸島と沖縄6メートルの見込み。

超大型の台風10号について記者会見する気象庁の黒良龍太主任予報官=13日午後、東京都千代田区の同庁超大型の台風10号について記者会見する気象庁の黒良龍太主任予報官=13日午後、東京都千代田区の同庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象