ココカラ、マツキヨと統合協議=ドラッグストア再編加速へ

経済・ビジネス

ドラッグストア業界7位のココカラファインは14日、業界5位のマツモトキヨシホールディングスと経営統合に向けた協議に入ると発表した。両社の協議がまとまれば、売上高1兆円規模の業界最大手が誕生する。ココカラは、「スギ薬局」を展開する業界6位のスギホールディングスからも統合を打診されていたが、マツキヨに近く独占交渉権を与える方針で、スギとの交渉は打ち切った。業界の競争は激化しており、集客力の向上や経費削減に向け、今後も再編が加速しそうだ。

ココカラが設置した外部経営者らによる特別委員会がマツキヨの提案を支持。ココカラも14日の取締役会で、マツキヨと組んだ方が商品開発力の強化につながり、店舗運営コストも低減できると判断した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収