新潟県上越市で40.3度=台風影響、フェーン現象-気象庁

社会

新潟県では14日、フェーン現象が起きて気温が大幅に上昇した。気象庁によると、上越市・高田で40.3度を観測し、北海道佐呂間町で5月26日に観測した39.5度を上回って今年の全国最高気温となった。上越市・大潟は39.7度、同県三条市は39.5度、新潟市東区では38.9度を観測した。

40.3度は気象庁の統計史上、全国で15番目に高い記録に並ぶ。最高は埼玉県熊谷市で昨年7月23日に観測した41.1度。

新潟県では最近高温が続き、14日も晴れた。さらに台風10号の影響で、南東から南の湿った風が山で雨を降らせた後、乾燥して高温となって流れ込むフェーン現象が発生した。15日も38度程度まで上がると予想され、同庁は高温注意情報を発表して熱中症を防ぐよう呼び掛けている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象 新潟県 甲信越