長野知事、ベトナム訪問=介護など人材協力で覚書

政治・外交

【ハノイ時事】長野県の阿部守一知事は14日、ハノイのベトナム労働・傷病軍人・社会事業省を訪問し、介護・観光分野での人材育成に関する協力の促進をうたった覚書を交わした。阿部知事はベトナム労働省首脳との会合で「介護を支える人材をどう確保するかは重要なテーマだ」と説明。今回の協力を通じ、ベトナムの介護人材などが育つことを望む考えを示した。

知事は観光分野でも、訪日客を迎え入れる体制を強化する一環で、外国人旅行者に対応できるベトナム人の活躍に期待を込めた。これに対し、労働省のレ・タン・ズン次官は「(日本での)人手不足の問題解決に、ベトナムの人材は貢献できる」と強調した。

14日、ハノイで、ベトナム労働・傷病軍人・社会事業省幹部と人材協力に関する覚書を交わし、握手する長野県の阿部守一知事(左から2人目)14日、ハノイで、ベトナム労働・傷病軍人・社会事業省幹部と人材協力に関する覚書を交わし、握手する長野県の阿部守一知事(左から2人目)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 甲信越 長野県 ベトナム