韓国で「慰安婦の日」=安倍政権批判の声も

政治・外交

【ソウル時事】日韓対立が深まる中、韓国では14日、元慰安婦をたたえる「慰安婦の日」を迎えた。各地で式典や集会が開かれ、安倍政権を批判する声も上がった。文在寅大統領は慰安婦問題を「国際社会と共有する」と強調。2015年の日韓合意の着実な履行を求める日本政府との溝は埋まっておらず、関係改善の糸口は見えないままだ。

8月14日が慰安婦の日に制定されてから今年で2年目。文大統領は昨年、政府主催の式典に出席したが今年は出席を見送り、談話を発表した。「慰安婦の尊厳と名誉を回復するため最善を尽くす」と強調し、慰安婦問題を「人類の普遍的観点から、平和と女性の人権に対するメッセージとして、国際社会と共有し、拡散していく」と訴えた。

14日、ソウルの在韓日本大使館前で行われた慰安婦問題の抗議集会14日、ソウルの在韓日本大使館前で行われた慰安婦問題の抗議集会

14日、ソウル市内の南山付近に設置された韓国人や中国人の元慰安婦を象徴する少女像14日、ソウル市内の南山付近に設置された韓国人や中国人の元慰安婦を象徴する少女像

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 韓国