韓国大統領、日本に「対話と協力」呼び掛け=東京五輪「共同繁栄の道」

政治・外交

【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は15日、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典で演説し、「日本が対話と協力の道に進むなら、われわれは喜んで手をつなぐ」と語った。元徴用工問題に絡み、日韓両政府による輸出管理厳格化の応酬で対立は泥沼化しており、事態打開に向けて外交を通じた問題解決を求めた形だ。

また、東京五輪・パラリンピックや2022年の北京冬季五輪に触れ、「東アジアが友好と協力の土台を固め、共同繁栄の道に進む絶好の機会だ」と強調。各国の人々が「友好と協力の希望を持てることを望む」と語った。

これまで「日本には二度と負けない」などと強い口調で対日批判を繰り返してきた文氏だが、この日は非難のトーンを抑えた演説となった。韓国国内で過剰な「反日」の動きが広がるのを懸念したとみられる。

ただ、元徴用工問題の解決に向けた具体的な道筋には触れなかった。日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決への韓国政府の対応に、日本側は不信感を募らせている。文氏の呼び掛けに、日本政府が応じるかは不透明だ。

一方、文氏は「いかなる国も自国の優位な部門を武器にすれば、平和な自由貿易秩序が壊れるほかない」と日本の輸出管理強化を批判。この中で日本側の措置を「不当な輸出規制」「経済報復」とも表現したが、それ以上の厳しい発言はなかった。

歴史問題では、日本が「隣国に不幸を与えた過去を省察する中で、東アジアの平和と繁栄をともに導くことを望む」と強調。さらに「日本国民も軍国主義の抑圧から逃れ、侵略戦争から解放された」と語った。

15日、韓国・天安で、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典で演説する文在寅大統領(EPA時事)15日、韓国・天安で、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典で演説する文在寅大統領(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 韓国 北朝鮮