安倍首相、靖国参拝見送り=閣僚もゼロ

政治・外交

安倍晋三首相は終戦記念日の15日、東京・九段北の靖国神社に参拝しなかった。閣僚の参拝もなかった。中国の習近平国家主席の国賓来日を来春に控え、関係改善が進む中国に配慮したとみられる。

首相は代理人の稲田朋美自民党総裁特別補佐を通じ、7年連続で玉串料を私費で奉納。「令和の新しい時代を迎え、改めてわが国の平和と繁栄が祖国のために命をささげたご英霊のおかげであると感謝と敬意を表します」とのメッセージを託した。

首相は2013年12月を最後に、靖国神社への参拝を控えている。15日には東京・三番町の千鳥ケ淵戦没者墓苑で献花した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 中国 東京都