日本政府、変化に期待=文氏演説「抑制的」と分析

政治・外交

韓国の文在寅大統領が日本の植民地支配からの解放を記念する15日の「光復節」の演説で日本に対話を呼び掛けたことについて、日本政府内では文氏の変化の兆しと期待する声が出ている。ただ、文氏は元徴用工問題に触れておらず、日本政府は関係改善に必要なのは同問題の解決だと引き続き訴えていく方針だ。

岩屋毅防衛相は15日の記者会見で、文氏の演説について「一時期の発言と比べると、非常にモデレートされた(抑えを利かせた)形になってきている」と語った。

政府高官も「抑制的だった」と分析。外務省幹部は14日の「慰安婦の日」の談話を含め、「反日的な言動はあまりなかった」と指摘した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 韓国