ユニゾ、米投資ファンドが買収へ=HISに対抗、19日からTOB

経済・ビジネス

不動産業やホテル運営を手掛けるユニゾホールディングスは16日、旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)から受けている敵対的TOB(株式公開買い付け)への対抗策を発表した。ソフトバンクグループ系の米投資ファンドが実施する別のTOBを受け入れて、経営の自由度を高めるために株式の非公開化を目指す。

新たなTOBを行うのは、ニューヨークに拠点を置くフォートレス・インベストメント・グループ。フォートレスは敵対的な買収を阻止する「ホワイトナイト」(白馬の騎士)として、HISが公表した買い付け価格1株3100円を上回る4000円でユニゾ株式を買い取る。19日から10月1日まで実施し、最大約1400億円を投じて全株式を取得。HISが目指していた最大45%への保有比率引き上げを阻止する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収