あおり運転、手配の男逮捕=常磐道で「殺すぞ」、傷害容疑-茨城県警

社会

茨城県守谷市の常磐自動車道で「あおり運転」をして車を停車させ、運転手の男性を殴るなどしたとして、県警取手署などは18日、傷害容疑で全国に指名手配していた住所、職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)を逮捕した。容疑を認めているという。

県警によると、宮崎容疑者は同日午前、大阪市東住吉区内の路上で身柄を確保された。19日午前0時過ぎ、同署に移送された。

逮捕容疑は10日午前6時15分ごろ、常磐道上り線の守谷サービスエリア付近で、あおり運転で男性会社員(24)の運転する車を停車させた上、車を降りて、「殺すぞ」などと怒鳴りながら、男性の顔を複数回殴った疑い。男性は顔や手に打撲などを負った。

また県警は18日、宮崎容疑者を大阪市の自室マンション内にかくまい、食事を与えたとして、犯人隠避容疑で交際相手の会社員喜本奈津子容疑者(51)=大阪市東住吉区=も逮捕した。容疑を認めているという。喜本容疑者は犯行当時、宮崎容疑者の車に同乗していた。

11日に男性が被害届を提出。一連の行為は、男性の車に設置されていたドライブレコーダーに記録されており、県警が映像の解析などを進めていた。

宮崎文夫容疑者宮崎文夫容疑者

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪