大韓航空、日本路線を大幅縮小へ=関係悪化で需要減

経済・ビジネス

【ソウル時事】日韓関係の悪化で日本旅行の需要が減少しているとして、大韓航空は20日、日本路線を大幅に縮小し、一部区間で運航を全面休止すると発表した。地方路線では一時的な運休や減便も実施。輸出管理厳格化の応酬で深まる日韓両政府の対立は、両国間の人の往来にも影響を及ぼしつつある。

運航を全面休止するのは、大阪(関空)と釜山のほか、大阪・成田と済州を結ぶ路線。大阪-釜山(週14便)は9月16日から、成田-済州(同3便)、大阪-済州(同4便)は11月1日から運航を休止する。札幌(新千歳)-釜山は9月3日から中断することが既に決まっている。

韓国メディアによると、大韓航空の日本路線のうち、縮小が決まった路線は7割を超える。同社関係者は「7月中旬以降の日本旅行の需要が継続的に減少していることに伴う調整」と説明。韓国の航空会社8社が縮小を決定した日本路線は60路線以上に上る。

大韓航空によると、一時的な運休も9月29日以降、旭川や鹿児島、小松と仁川を結ぶ路線で実施。沖縄と仁川、成田・福岡と釜山を結ぶ路線は9月末から11月中旬までの間、減便する。日本路線を縮小する一方、東南アジアや中国の路線は増便し、「路線の競争力強化」(同社)を図るという。

成田空港の大韓航空機=20日午後成田空港の大韓航空機=20日午後

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 商品需給 韓国