悠仁さま、ラバで放牧キャンプに=標高3500メートル体験-ブータン

社会

【ティンプー時事】ブータンを私的旅行中の秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(12)が滞在2日目の18日、動物のラバに乗り、標高3500メートル地点にある放牧キャンプを訪問された。同行している池谷和信・国立民族学博物館教授が20日、明らかにした。

池谷教授によると、ご夫妻と悠仁さまは18日、同国西部のパロから標高2800~2900メートル地点にあるダムチナ村を訪問後、王室から提供されたラバに乗り、約2時間かけてキャンプに到着。約30分間滞在し、帰りは徒歩で戻った。ラバに乗るのは悠仁さまの希望だったという。

ご夫妻と悠仁さまは20日、4代目に当たるワンチュク前国王と面会。悠仁さまは王室から贈られた伝統衣装の「ゴ」を着て臨んだという。24日まで同国に滞在し、25日帰国する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 ブータン