中国、日韓対立の解決促す=RCEP、年内妥結目標-3外相会談

政治・外交

【北京時事】河野太郎外相と中国の王毅、韓国の康京和両外相は21日、北京市郊外で会談した。王氏は会談後の共同記者発表で日韓関係の悪化に触れ「双方がそれぞれの関心事に配慮し、問題解決の方法を見つけてほしい」と述べ、関係改善を促した。3外相は東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の年内妥結を目指す方針を確認した。

河野氏は会談冒頭、「それぞれの2国間の関係は困難に直面することもあるが、その中でも3カ国の協力をすべきだ」と訴えた。会談では、康氏が輸出管理の優遇対象国から韓国を除外した日本政府の決定に関し、「恣意(しい)的な輸出管理は撤回すべきだ」と主張。河野氏は「2国間の案件を取り上げるのは適切ではない」と指摘した。

康氏は共同記者発表でも「一方的で恣意的な貿易報復措置を排除すべきだ」と訴えた。

一方、3外相は日中韓とインド、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国などによるRCEPの年内妥結を目指す方針や、日中韓自由貿易協定(FTA)の交渉加速を確認した。河野氏は、海洋プラスチックごみ対策で連携を呼び掛けた。

会談前に握手する(左から)韓国の康京和外相、中国の王毅外相、河野太郎外相=21日、北京市郊外(EPA時事)会談前に握手する(左から)韓国の康京和外相、中国の王毅外相、河野太郎外相=21日、北京市郊外(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 ASEAN 中国 韓国 北朝鮮