韓国、日本産食品の放射線検査強化=水産加工品など17品目

政治・外交

【ソウル時事】韓国の食品医薬品安全庁は21日、日本から輸入する食品の一部について、放射線検査を強化すると発表した。日韓の対立が深まる中で、韓国では日本の食品の安全性を疑問視する声が改めて出ている。同庁当局者は検査強化の理由として、「放射能に汚染された食品への国民の懸念が高まっている」と説明した。

今回検査を強化するのは過去に微量の放射線が検出された水産加工食品や茶など17品目で、23日からサンプル検査をこれまでの1回から2回に増やす。韓国政府は東京電力福島第1原発の事故を受け、既に福島県など8県の水産物と14県の農産物について輸入を禁止している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商政策 東北 福島県 韓国