日本一で勝ち残り=商品共同開発に意欲-ココカラ・マツキヨ

経済・ビジネス

経営統合に向け協議を開始したドラッグストア大手のココカラファインとマツモトキヨシホールディングスは22日、東京都内で記者会見を開いた。ココカラの塚本厚志社長は「日本一のドラッグストアが誕生すれば、勝ち残れる可能性が高まる」と述べ、経営統合が最善の選択肢だと強調。マツキヨの松本清雄社長も「アジア1番を目指せる」と強い期待を示した。

統合の狙いについて、塚本氏は「現在抱える課題を解決し、企業価値が最大化できる」と説明。マツキヨのノウハウを吸収し、商品開発力や店舗運営力を引き上げたい考えだ。

松本氏も「当社の改善方法を活用し、ココカラの収益率を高められる」と強調。商品の共同開発などを進め、「最大限の利益が出る会社にしたい」と語った。

統合方式については今後詰めるが、松本氏は「屋号を変えずにやっていくことも可能ではないか」と発言。それぞれのブランドを残す方向で検討する方針。

記者会見を終え握手するココカラファインの塚本厚志社長(右)とマツモトキヨシHDの松本清雄社長=22日午後、東京都千代田区記者会見を終え握手するココカラファインの塚本厚志社長(右)とマツモトキヨシHDの松本清雄社長=22日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収