チケット抽選申し込み始まる=選手ら来場呼び掛け-東京パラ

スポーツ

25日で開幕まで1年となる東京パラリンピックのチケット抽選申し込みが22日、公式販売サイトで始まった。申し込みにはID登録が必要で、9月9日午前11時59分まで受け付け、抽選結果は10月2日に発表される。

競技の一般チケットは900~7000円で、開会式は8000~15万円。車いす利用者と同伴者向けのチケットや、子供か高齢者、障害者を含むグループ対象のチケットもある。第1、2希望合わせて1人につき60枚まで申し込めるが、当選枚数の上限は30枚。

大会組織委員会によると、システムはトラブルなく稼働。22日午後6時までに公式販売サイトには約11万のアクセスがあったが、待ち時間は発生していないという。

22日には東京都内で選手のトークイベントが行われ、2016年リオデジャネイロ大会の男子競泳で4個のメダルを獲得した木村敬一選手(東京ガス)は「僕たちアスリートは最大限のパフォーマンスを発揮できるような練習をしている。生で見てもらえたら」とアピール。リオで陸上女子400メートル銅メダルの重本沙絵選手(日体大大学院)は「会場独特の緊張感を肌で感じてもらいたい」と呼び掛けた。

東京パラリンピックのチケット抽選申し込みをPRする(左から)競泳の木村敬一選手、陸上の重本沙絵選手、マルクス・レーム選手、タレントの上田晋也さん=22日、東京都中央区東京パラリンピックのチケット抽選申し込みをPRする(左から)競泳の木村敬一選手、陸上の重本沙絵選手、マルクス・レーム選手、タレントの上田晋也さん=22日、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ