日本政府、韓国に抗議=外相「極めて遺憾」-軍事情報協定破棄で

政治・外交

河野太郎外相は22日、韓国政府が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことに関し、南官杓駐日大使を外務省に呼び、抗議した。河野氏によると、南大使は「本国に伝える」と回答、破棄の正式な通告はなかったという。

河野氏は談話も発表し、韓国の決定について「地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ず、極めて遺憾だ」と表明した。

河野氏は同省で記者団の取材に応じ、韓国が日本の対韓輸出管理厳格化を理由に挙げたことに関し、「全く異なる次元の問題で、韓国側の主張は全く受け入れられない」と批判。一方、関係改善に向けた働き掛けを続ける考えも示し、「韓国側から極めて否定的かつ非合理的な動きが相次ぎ、日韓関係は非常に厳しい状況が続いているが、賢明な対応を強く求めていきたい」と語った。

安倍晋三首相は首相官邸を出る際、記者団から韓国政府の決定について受け止めを聞かれたのに対し、答えなかった。

首相官邸を出る安倍晋三首相=22日午後、東京・永田町首相官邸を出る安倍晋三首相=22日午後、東京・永田町

韓国のGSOMIA破棄について、報道陣の取材に応じる河野太郎外相=22日夜、外務省韓国のGSOMIA破棄について、報道陣の取材に応じる河野太郎外相=22日夜、外務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 韓国