ローソン、深夜店舗で省人化実験=セルフレジで決済-横浜

経済・ビジネス 科学 技術

ローソンは23日、人手不足に対応するため、深夜の省人化実験を横浜市の店舗で始めた。午前0~5時は売り場に店員を置かず、1人が倉庫で商品管理などの業務に当たる。年齢確認が必要な酒類とたばこの販売は停止し、来店客はセルフレジなどで決済する。実験期間は約半年。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 開発 科学 技術 経営一般 新サービス 神奈川県 横浜市