安倍首相、軍事協定破棄で韓国批判=「信頼関係損なう」

政治・外交

安倍晋三首相は23日、韓国政府が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決定したことについて「国と国との信頼関係を損なう対応が残念ながら続いている」と批判した。その上で「韓国には約束をまずは守ってもらいたい」と述べ、徴用工問題の受け入れ可能な解決策を引き続き求めていく考えを示した。首相官邸で記者団に語った。

首相は「日本は北東アジアの安全保障環境に照らせば、日米韓の協力に影響を与えてはならないという観点から対応してきた」と指摘。「今後とも米国としっかりと連携しながら、地域の平和と安定を確保し、日本の安全を守るために対応していきたい」と強調した。

首相はフランス出発に先立ち、河野太郎外相と官邸で会談し、今後の対応を協議した。

岩屋毅防衛相も防衛省で記者団に「失望を禁じ得ず、極めて遺憾だ」と韓国の対応を批判。「韓国側に再考と賢明な対応を強く求めていきたい」と語った。

韓国政府による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の決定について、記者団の取材に応じる岩屋毅防衛相=23日午前、防衛省韓国政府による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の決定について、記者団の取材に応じる岩屋毅防衛相=23日午前、防衛省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 韓国 北朝鮮