大阪セブン店「日曜定休」=9月実施通告、本部と協議

経済・ビジネス

セブン-イレブン・ジャパンの大阪府東大阪市の加盟店オーナーが、9月から日曜日を定休にすると通告したことが23日、分かった。同日午前、オーナーはセブンの本部責任者と協議を行った。セブン側は、フランチャイズ契約は原則年中無休が条件だとし「(定休は)契約違反に当たる」と伝えた。

加盟店の松本実敏オーナーは取材に対し、日曜定休を決めたのは人手不足が理由と説明。協議は、東大阪市の店舗で行われ、セブン側は日曜定休を実施すれば契約解除の対象になるとし、営業継続のための人員派遣を提案した。

これに対し松本氏は「1~2日だけの派遣では意味がない」と主張。「オーナーの権限で営業時間の短縮や定休実施ができるようになれば、(オーナーや従業員の)命が救われる」と訴えた。

この加盟店は2月、本部との合意がないまま午前1~6時の営業を中止。コンビニの24時間営業の是非をめぐる議論が活発化するきっかけとなった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 経営一般 販売・価格改定・販促・見本市など 大阪市