陸自音楽隊、ロシア軍楽祭参加=赤の広場で演奏披露

政治・外交

【モスクワ時事】ロシアの首都モスクワの「赤の広場」で23日、国際的な軍楽祭「スパスカヤ・タワー」が開かれ、陸上自衛隊中央音楽隊が演奏を披露した。笛や和太鼓を交えた和の演出に加え、ロシアの民謡やクラシック曲を演奏し、観客からは大きな拍手が送られた。

同軍楽祭への自衛隊音楽隊の参加は初めて。演奏後、樋口孝博隊長(1等陸佐)は「歓声と熱気にすごく感激した。日ロ友好の懸け橋になれたと感じている」と笑顔。着物に身を包みロシア語で歌った松永美智子3等陸曹は「拍手に励まされて最後まで歌えた。カラフルな大聖堂の前で多くのお客さまに囲まれて感動した」と語った。

23日、モスクワで開かれた軍楽祭で演奏する陸上自衛隊中央音楽隊23日、モスクワで開かれた軍楽祭で演奏する陸上自衛隊中央音楽隊

23日、モスクワの「赤の広場」で開かれたロシアの軍楽祭に参加する陸上自衛隊中央音楽隊23日、モスクワの「赤の広場」で開かれたロシアの軍楽祭に参加する陸上自衛隊中央音楽隊

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ロシア