浅間山、また噴火=警戒レベル2を継続-気象庁

社会

気象庁は25日、群馬・長野県境の浅間山が同日午後7時28分ごろ、噴火したと発表した。噴火は7日以来で、警戒レベルは2(火口周辺規制)を維持した。

気象庁によると、噴煙は灰白色で、火口からおよそ600メートルの高さまで上がったという。同庁は、火口からおおむね2キロの範囲で引き続き大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けた。

浅間山は7日に小規模な噴火が発生。同庁は噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から3(入山規制)に引き上げたが、地下のマグマが上昇する兆候が見られないことから、19日に現在の2に引き下げていた。

長野県は25日夜、警戒・対策連絡会議を開催し、県内で人的被害がないことを確認した。気象台の担当者からは、噴煙の高さなどから前回の噴火よりも規模が小さいとみられることなどが報告された。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 地震・噴火 群馬県 甲信越 長野県