安倍首相、9月改造を明言=「安定と挑戦の強力布陣」

政治・外交

【ビアリッツ時事】安倍晋三首相は26日午後(日本時間27日未明)、先進7カ国首脳会議(G7サミット)閉幕を受けて記者会見し、9月に内閣改造・自民党役員人事を行うと明言した。その上で「安定と挑戦の強力な布陣を敷いていきたい」と語った。

首相は人選について「政治の継続性、安定性を重視していかなければならない」と指摘する一方、「新たな人材に内閣の一員となって力を発揮してもらうことも大切だ」とも語り、未入閣の人材を積極的に登用する考えを示した。

10月の消費税率引き上げに関しては「国の信頼を守るためにも必要だ」と強調。「十二分な対策を講じることで国内消費をしっかりと下支えしていきたい」と述べた。

韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決めたことについては「国と国との信頼関係を残念ながら損なうような対応が続いている。まずは約束を守るよう求めていきたい」と改めて述べた。

G7サミットを終え、記者会見する安倍晋三首相=26日、フランス南西部のビアリッツG7サミットを終え、記者会見する安倍晋三首相=26日、フランス南西部のビアリッツ

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政局 韓国