「空飛ぶトラック」離陸=ヤマトと米社が試験飛行

経済・ビジネス 科学 技術

【フォートワース(米テキサス州)時事】ヤマトホールディングス(HD)と米ベル・ヘリコプターは26日、垂直に離着陸する貨物用の無人機の試験飛行を実施した。「空飛ぶトラック」として2025年までの実用化を目指す。人手不足の深刻化が見込まれる日本での展開を想定している。

ベル社が開発した無人機は、高さが約1.8メートル、幅が約2.7メートル、重量が約140キロ。米南部テキサス州フォートワース近郊で実施した試験飛行では、垂直に離陸した無人機が上空50メートル程度まで上昇した後、周囲を旋回し、元の場所に着地した。

ヤマトホールディングスと米ベル・ヘリコプターによる「空飛ぶトラック」の試験飛行=26日、米テキサス州フォートワース近郊ヤマトホールディングスと米ベル・ヘリコプターによる「空飛ぶトラック」の試験飛行=26日、米テキサス州フォートワース近郊

「空飛ぶトラック」の試作機の前で握手するヤマトホールディングスの長尾裕社長(右)と米ベル・ヘリコプターのスナイダー最高経営責任者(CEO)=26日、米テキサス州フォートワース近郊「空飛ぶトラック」の試作機の前で握手するヤマトホールディングスの長尾裕社長(右)と米ベル・ヘリコプターのスナイダー最高経営責任者(CEO)=26日、米テキサス州フォートワース近郊

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 開発 科学 技術 米国