安倍首相「AI利活用にルールを」=デジタル経済の個別文書見送り-G7

政治・外交

【ビアリッツ時事】24~26日に仏ビアリッツで開かれた先進7カ国首脳会議(G7サミット)では、デジタル経済について討議した。安倍晋三首相は、急速に開発が進む人工知能(AI)に関し「政府や産業界、学界などが連携し、(AI利活用の)具体的なルールづくりを進める段階だ」と訴えた。議長国フランスは開幕前、デジタル経済に関する個別文書をまとめる意向だったが、率直な意見交換を優先したために見送った。

国境を越えて活動する巨大IT企業の税逃れを防ぐデジタル課税では、閉幕後に発表した成果文書の中で、経済協力開発機構(OECD)が検討を進める各国共通の課税方式について2020年の合意を目指す目標を確認した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 電気通信政策 フランス 米国