電子申告ゲート、外国人にも拡大=成田空港で-東京税関

政治・外交 暮らし

東京税関は27日、成田空港で運用している電子申告ゲートの利用対象を外国人にも拡大した。これまで日本人のみだったが、訪日外国人旅行者が増えていることや、2020年の東京五輪・パラリンピックを控えていることから外国人も対象とした。通関手続きを効率化することで、混雑緩和を図る。

酒やたばこなどの携行品は紙に記入し申告する必要があったが、電子申告はスマートフォンのアプリを使って手続きを行う。旅行者はパスポートとQRコードを読み取り機にかざせばゲートを通過でき、通関手続きの時間を短縮できる。

東京税関は、航空会社や旅行会社の協力を得て訪日客に周知し、今後は他の空港でも導入していく。

通関電子申告の説明を受ける旅行者(左)と端末=27日、成田空港通関電子申告の説明を受ける旅行者(左)と端末=27日、成田空港

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 税制 暮らし 運輸政策