犠牲者全員の身元公表=「ハルヒ」の池田さんら25人-京アニ放火・京都府警

社会

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、犠牲になった社員ら35人のうち公表していなかった25人の身元を明らかにした。

新たに身元が公表されたのは、同社取締役でテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」などのキャラクターデザインを手掛けた池田晶子(本名寺脇晶子)さん(44)=京都府宇治市=、映画「響け!ユーフォニアム」などに関わった丸子達就さん(31)=京都市東山区=ら21~49歳の男女。

府警は犠牲者一人一人について、実名報道と取材対応に関する遺族の意向も公表。池田さんら5人の遺族が実名報道を承諾した。

全員の身元公表まで事件発生から1カ月以上かかったことについて、西山亮二捜査1課長は「身元特定に時間を要したことに加え、関係者の精神的ショックが極めて大きく、死を受け入れるまでに時間がかかった」と説明した。

匿名を希望する遺族も多かったが、重大事件で社会的関心が高く、誤った情報が流れる恐れもあることから、公表すべきと判断したという。

府警は発生から約2週間後の2日、既に葬儀を終え、遺族が了承した10人の身元を公表したが、25人については遺族の理解を得られていないとして調整を続けていた。

事件は7月18日午前10時半ごろ発生し、35人が死亡、34人が重軽傷を負った。現場で身柄を確保された青葉真司容疑者(41)=さいたま市見沼区、殺人容疑などで逮捕状=がガソリンをまいて火を付けたとされる。同容疑者も大やけどを負って入院中で、重篤な状態が続いている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 埼玉県 さいたま市 京都市