福岡、佐賀、長崎に特別警報=2人死亡、84万人に避難指示-日本海に前線、大雨

社会 暮らし

九州北部では28日、日本海に延びる前線の影響で猛烈な雨が降った。気象庁は同日午前5時50分に福岡、佐賀、長崎各県に対し大雨特別警報を発表、土砂災害や河川の氾濫などに最大級の警戒を呼び掛けた。記者会見した梶原靖司予報課長は、猛烈な雨は夕方まで降り続く可能性があると指摘し、「直ちに命を守るために最善の行動を取るように」と述べた。

特別警報の発表対象は福岡県が筑後地方の大半、佐賀県が全域、長崎県が北部と五島列島の一部。3県に加え、大分、熊本、岩手、静岡各県にも土砂災害警戒情報が発表された。

佐賀県では28日の明け方に1時間雨量が110~120ミリとの記録的短時間大雨情報が相次いで出された。長崎市内では午前2時5分までの1時間に92.5ミリ、福岡県久留米市内では午前4時50分ごろまでの1時間に72.0ミリの雨量を観測した。

各県警によると、佐賀県武雄市で車が流され、中にいた男性1人が死亡。福岡県八女市でも男性1人の死亡が確認された。また、佐賀市では女性1人が心肺停止状態で見つかった。

総務省消防庁によると、28日正午時点で福岡、佐賀、長崎の3県では約84万7500人に避難指示が出ている。避難勧告の対象は大分県を含め、約97万5100人に上った。佐賀県内で浸水被害が多数出た。

JR九州は鹿児島線や長崎線などで運転見合わせや遅れが生じた。高速道路は九州道や長崎道、大分道などの一部区間が通行止めとなった。

日本海の前線上には低気圧があり、北陸沖から北東へ進んで29日夜には千島近海に達する。前線は南下して西・東日本に停滞する見込み。このため、九州から北海道にかけての広い範囲で大雨や落雷、突風が予想される。

29日正午までの24時間予想雨量は多い所で、九州北部200ミリ、東海と北陸150ミリ、関東甲信120ミリ、中国100ミリ。

その後、30日正午までの24時間予想雨量は、北陸と九州北部の多い所で50~100ミリ。

大雨で冠水した道路を進む車=28日午前8時12分、佐賀市大雨で冠水した道路を進む車=28日午前8時12分、佐賀市

大雨で水かさが増した室見川=28日午前6時56分、福岡市早良区大雨で水かさが増した室見川=28日午前6時56分、福岡市早良区

大雨で冠水した佐賀市内で自転車を押して歩く男性ら=28日午前8時9分、同市大雨で冠水した佐賀市内で自転車を押して歩く男性ら=28日午前8時9分、同市

記者会見で大雨特別警報について説明する気象庁の梶原靖司予報課長=28日朝、東京都千代田区記者会見で大雨特別警報について説明する気象庁の梶原靖司予報課長=28日朝、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 気象 九州