韓国首相「非常に遺憾」=優遇対象国除外で

政治・外交

【ソウル時事】日本政府が28日に輸出管理上の優遇対象国から韓国を除外する措置を発動したことを受け、韓国の李洛淵首相は同日、関係閣僚会合で「日本が不当な措置を継続していることを非常に遺憾に思う」と批判した。

その上で、日本政府に「事態を一層悪化させず、関係修復のための対話に誠意をもって臨むことを重ねて求める」と強調した。

さらに、日本の不当な「経済報復措置」を正すため、世界貿易機関(WTO)への提訴を「滞りなく進めていく」と表明。ただ、提訴の日程など詳細には触れなかった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商政策 韓国