米国防長官、日韓対立に失望=北朝鮮の短距離ミサイル、過剰反応せず

政治・外交

【ワシントン時事】エスパー米国防長官は28日の記者会見で、韓国による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄通告に発展した日本と韓国の対立について、「非常に失望している」と述べた。日米韓3カ国は中国や北朝鮮という共通の脅威に直面していると指摘し、結束の重要性を強調。「日韓が問題を乗り越えることを期待している」と語った。

米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は同じ記者会見で「(日韓対立は)現時点では米国の軍事活動に影響はない」との認識を示した。

また、北朝鮮が繰り返している短距離ミサイル発射について、エスパー氏は「当然懸念している」と指摘。ただ、北朝鮮核問題の外交解決の扉を閉ざさないために、「過剰反応はしない」と語った。

28日、ワシントン近郊の米国防総省で記者会見するエスパー国防長官(左)と米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長(EPA時事)28日、ワシントン近郊の米国防総省で記者会見するエスパー国防長官(左)と米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 韓国 北朝鮮 米国