アフリカ30カ国で債務管理研修=安倍首相表明、「借金漬け」中国に対抗

政治・外交

安倍晋三首相は29日、横浜市で開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の官民ビジネス対話会合に出席した。首相は「相手国が借金漬けになっては(企業の)進出を妨げる」と強調。今後3年間、重点国を毎年10カ国選び、延べ30カ国で公的債務やリスク管理に関する研修を行う支援策を表明した。

アフリカでは、中国が途上国を借金漬けにして支配する「債務のわな」が大きな問題になっている。首相は人材育成や「質の高いインフラ」整備など日本の得意分野での支援強化も打ち出し、中国との差別化を図った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 援助 外交 中国 神奈川県 横浜市