5G推進へ都施設活用=五輪視野、基地局整備

政治・外交

東京都の小池百合子知事は29日、次世代通信規格「5G」の普及に向け、建物や公園、道路などの都有施設を携帯大手に開放し、基地局の整備を進めると発表した。2020年五輪・パラリンピックを視野に、五輪会場とその周辺を重点整備エリアに設定。大容量のデータ通信環境を早期に整えることで先端技術を使いやすくし、国際競争力の強化につなげる。

都は他の重点整備エリアとして都庁(新宿区)周辺、東京国際フォーラム(千代田区)なども列挙。設置を後押しするため、各社が都施設を使う際の利用手続きも簡素化する。

都が同日発表した基本戦略では、基地局の早期整備とともに(1)地方部と都市部を結ぶ遠隔教育(2)過疎地でも専門医の診療を受けられる遠隔診療(3)自動運転(4)ドローンを活用した災害対策(5)テレワーク-など、5Gを駆使した施策を展開するとした。

5G推進に向けた基本戦略を発表する東京都の小池百合子知事(左)と宮坂学参与=29日午後、都庁5G推進に向けた基本戦略を発表する東京都の小池百合子知事(左)と宮坂学参与=29日午後、都庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 電気通信政策