協定破棄「賢明な対応を」=日韓局長がソウルで会談

政治・外交

【ソウル時事】外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は29日、ソウルで韓国外務省の金丁漢アジア太平洋局長と会談し、元徴用工問題を中心に意見交換した。金杉氏は会談後、記者団に対し、韓国による軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄通告をめぐり、韓国側に「賢明な対応」を促したことを明らかにした。

元徴用工問題については、日本側は国際法違反の状態を是正するよう改めて要求。金杉氏は「ボールは韓国側にある」と述べ、韓国側の対応が必要との認識を示した。文在寅大統領が竹島に絡み「自国領土だとする(日本の)とんでもない主張も変わらない」と述べたことに対しては、抗議した。

韓国外務省によると、韓国側は日本の輸出管理強化について抗議し、撤回を要請。金杉氏はこのほか李度勲平和交渉本部長とも会談し、北朝鮮情勢について協議した。

日韓局長協議後に記者団に説明する外務省の金杉憲治アジア大洋州局長=29日、ソウル日韓局長協議後に記者団に説明する外務省の金杉憲治アジア大洋州局長=29日、ソウル

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 韓国