韓国国会議員が竹島上陸=領有権主張、対日批判も

社会 政治・外交

【ソウル時事】韓国与党「共に民主党」の薛勲議員ら国会議員は31日、韓国が実効支配を続ける島根県竹島(韓国名・独島)に上陸した。韓国YTNテレビが報じた。輸出管理厳格化などで日韓対立が深刻化している中での訪問で、日本政府が反発を強めるのは必至だ。

薛氏らは現地で竹島が「堂々たる韓国の領土だ」などと主張。東京五輪の公式サイトの地図で竹島が表示されていることなども批判し、韓国政府に強く対応していくよう求めた。また、日本政府が輸出管理上の優遇対象国から韓国を除外したことについても「経済を武器に戦争を宣言した」と非難した。

薛氏ら一行は、ヘリコプターで竹島に上陸。訪問は警備隊の激励や施設点検などを行うためと説明していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安全・危機管理 安保・防衛(政治面) 政党 中国 韓国