児童ら20人殺傷事件、自殺の男きょう書類送検=動機不明のまま-神奈川県警

社会

川崎市多摩区で5月、私立カリタス小学校の児童ら20人が殺傷された事件で、神奈川県警多摩署捜査本部は1日までに、殺人や殺人未遂などの容疑で、事件直後に自殺した同市麻生区の無職岩崎隆一容疑者(51)を2日に容疑者死亡のまま書類送検する方針を固めた。

捜査本部によると、岩崎容疑者は5月28日午前7時40分ごろ、多摩区の路上で、スクールバスを待っていた児童ら20人を持っていた包丁で切り付けた。同小6年の栗林華子さん(11)と、子どもを送りに来た外務省職員小山智史さん(39)が死亡し、児童ら18人が重軽傷を負った。

岩崎容疑者は同日、現場から約4キロ離れた自宅近くの小田急線読売ランド前駅から、電車で登戸駅まで移動。包丁4本の入ったリュックサックを持ち、徒歩で約500メートル先のスクールバス停留所へ直行した。近くのコンビニで刃渡り約30センチの柳刃包丁2本を取り出し、十数秒の間に並んでいた児童らを次々と刺した直後、首を切って自殺した。

私立カリタス小学校の児童らが刺された現場を調べる警察官ら=5月28日、川崎市多摩区私立カリタス小学校の児童らが刺された現場を調べる警察官ら=5月28日、川崎市多摩区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 神奈川県 川崎市