日印2プラス2、年内に初開催=防衛相会談で一致

政治・外交

岩屋毅防衛相は2日、インドのシン国防相と防衛省で会談し、両国初の外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を年内に開催することで一致した。安倍晋三首相のインド訪問前に行う。岩屋、シン両氏は、日本が提唱した「自由で開かれたインド太平洋」構想を踏まえ、安全保障分野の連携を一段と強める方針を確認した。

日印2プラス2は、昨年10月に東京で行われた首脳会談で設置を決定。今年は安倍首相がインドを訪問する順番となっている。

岩屋、シン両氏は、自衛隊とインド軍との間で食料や弾薬を相互に融通する物品役務相互提供協定(ACSA)の早期妥結に向けて交渉を加速することを申し合わせた。

この後、シン氏は首相官邸で首相と会談。首相は「日印防衛当局間の協力関係は極めて密接になっている。インドを訪問できることをうれしく思っている」と語った。

インドのシン国防相(左)と握手する安倍晋三首相=2日午後、首相官邸インドのシン国防相(左)と握手する安倍晋三首相=2日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) インド