甘利氏の党要職起用が浮上=麻生、菅氏留任へ-11日に内閣改造・党人事

政治・外交 社会

安倍晋三首相は3日の自民党役員会で、内閣改造・党役員人事を11日に行う方針を示した。盟友の甘利明選対委員長を引き続き党要職で起用する案が浮上。政権の中枢を担う麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官は留任する見通しで、一連の人事では二階俊博幹事長の処遇が最大の焦点となる。

首相は役員会で「国民の力強い支持にしっかり応えていくため人事を刷新し、安定と挑戦の強力な布陣を敷きたい」と表明、一任を取り付けた。副大臣・政務官人事は13日の見通し。

自民党役員会に臨む安倍晋三首相(中央)=3日午前、東京・永田町の同党本部自民党役員会に臨む安倍晋三首相(中央)=3日午前、東京・永田町の同党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政局 人事 政党